2008年12月アーカイブ

早いもので今年も大晦日となってしまいました。
さて、昨年の大晦日は何をしていたのかな。
ここ2年はお仕事でお正月も無かったなあ。
確かお仕事に行ってましたよ。

今年を振り返ってみて一番大きな出来事は
ウェブサイトSEKINE COMMUNITY の
構築を始めたということかな。
今年の秋からです。
「ブログって何?」という疑問から、
このブログを開始したのがきっかけです。

ここ数年は忙しくてウェブの世界から
遠ざかっていたのですが、
自分のスキルアップを目標に日々修行中。

あと5年かけてウェブ屋さんとして
お仕事ができるようになればと思ってます。

皆様、
今年一年、大変お世話になりありがとうございました。

今日はメールの大掃除をいたしました。

メーンで使用しているメールボックスは毎日不要メールを
廃棄しておりますのでそれほど手間ではないのですが、

システム関係で利用しているメールボックスの中の
不要メールのお掃除が大仕事となります。

いくつかドメインを所有しているので、ドメイン毎の
システム管理者宛てのメールボックスのお掃除から。

公開しているアドレスではないので、
用件メールは殆どなく迷惑メールばかりです。

今日だけで 約1万通消去いたしました。

メールアドレスを抹消すれば、この苦労から開放されるのですが、
ドメイン管理者として最低限必要なアドレスは開設しない訳にはいきません。

使う予定の無いドメインは閉鎖するのが解決策になりそうですね。

無料で使えるウェブメールの代表は
「Yahoo!メール」と「Gmail」でしょうか?

さてどちらを使っている人が多いのでしょうか?

私の周囲では「Yahoo!メール」を使っている人が多いですね。
というか、メールアドレスを教えてもらった時に
Yahoo!メールのアドレスはあってもGmailのアドレスを
教えてくれた人はいなかったです。
私はGmail派なので意外に感じておりますが。

Yahoo!メールの方がサービスを開始した時期が早かったのが
最大の理由でしょうか?
着信メールをフォルダーに振り分けて管理する手法が
メールソフトに似ているのでとっつき易いからかもしれません。

Gmailは送信メールに広告が入らない、popとimapが使えるなど
機能的には文句がないのでお奨めなのですが。

そうか、一番の理由はGoogleがポータルのウェブサイトを
持たないからかもしれない。
もしGoogleが独自のポータルサイトを持ったら・・・

いや、ポータルをあえて持つ必要性が無いというのが
Boogleの基本戦略なのかもしれないな。

「ホームページ+ブログ」が、これからのパーソナルウェブサイトの
主流になるなと常々思っております。

そして「サイトミックス」のサービス開始の案内を発見し、
「これだ!」と思いました。

サイトミックス」のウェブサイトにある説明は以下のとおり
-----
無料ホームページ・ブログのSiteMix(サイトミックス)は、
容量1.5G、ホームページスペースとブログ機能が標準装備。
広告・商用利用可能、独自ドメイン可能、PHP・FTP・ファイルマネージャーまで
使える今までにないお得なホームページポータルサイトです。
-----

必要不可欠なパーツだけで構成された、無駄の無いサービスだと思います。
広告はサイトの一番下に一行のテキスト広告だけなのでデザインを損ねません。

ブログは汎用性の高い Wordpress の最新バージョン 2.7 なので
長く使えると思います。

これはお奨めのサービスだと思います。

ひかりone の回線工事をしました。

光回線の、NTTからKDDIへの乗り換えです。
理由は回線使用料の月額が安くなるからです。

回線乗換えが吉と出ると凶と出るか、
これは使ってからのお楽しみ。

さて、回線乗換えと同時に、
「ひかり電話」から「ひかりone 電話サービス」に
ナンバーポータビリティで乗り換え。
キャリアの以降は、回線工事が終わってから
1週間ほどかかるとか。

この間は
ネット接続はKDDI、電話はNTTを使用する必要があるため
2台のルーターを活かしておく必要があることが判明しました。

ひかり回線の乗り換えを考えている人
ルータ置き場を確保しておかないと大変なことになりますよ。

今回の各企業の業績が悪い方向に急転回した背景には
経営戦略の誤りが挙げられるであろう。

一番は
設備投資のタイミング。

将来の消費を見込んでの設備投資が大きい企業ほど被害大きい。
また、世界中の大企業が市場が拡大すると思い込んでいた。

では、何で市場の規模の判断を読み違えたのか。

「忙しさ」「品薄」という二つの要素が大きかったのでは、
自分が「忙しいと感じる」「欲しい物が手に入りにくいと感じる」
この不自由さが、市場が拡大しているという錯覚を生み出したのでは。

「忙しいと感じる」「欲しい物が手に入りにくいと感じる」は
合理化の成果であり、市場の拡大とはリンクせずに生じるもの

そこを読み違て大きな経営判断のミスにつながったのでは

市場動向を正しく掴んだ企業だけが生き残れることでしょう。

クリスマスの朝は楽しみな一瞬です。
枕元に靴下を下げていればプレゼントが入っているはずなので。

私は靴下を下げるのを忘れていたのでプレゼントはなしでした。
はは、
そうでしたねプレゼントをもらえるのは子供だけでした。
大人で下げるのは欲張り者と言う事になりますね。

さて、贈り物。
名をとるか、実をとるか、それとも金額をとるか。

この答えは受け取る側にありますね。

贈り物の価値というかランクをどのように考えるかですね。
一番先に、
贈り物の金額に反応する人
高級ブランド名に反応する人
の順で多いのでは
決して悪いことではありませんし、正直なところでしょうね。

で、実をとるとなるとこれは難しい。

はは、
大切な人に贈り物渡せませたか?

クリスマス商戦と言えば

プレゼントととして
子供向けにおもちゃ、家族向けにケーキ、恋人同士ならアクセサリー
が思い浮かびます。

不況風が吹き荒れる今年の売り上げはどうだったのでしょうね。
不況時にこそ強いのか、不況時にはどん底になってしまうのか。
この結果を分析して見るのも面白いかもしれません。

前者であればこの不況も、先に明かりが見えるかもしれませんが
後者の場合であればさらなる深みにはまり込む事が予想されますので。

個人消費を見つめて景気の実態を掴むという考えです。

我が家はクリスマスケーキもシャンパンも無しです。

はは、
我が家のお財布はクリスマスを楽しむどころではない状況なので。

私の利用しているインターネット接続業者(ISP)は @nifty です。
長い間利用しているので自分の申し込んでいるサービスの
内容がよく分からなくなってきてましたので、@niftyのウェブサイトで
色々調べておりました。

その時ふと思ったのが
「NIFTY-Serve が @nifty に変わったのはいつ」
でした。

私がパソコンを使って初めてメールを送受信したのは
1989年12月でした。
ASCII のパソコン通信サービス ASCII net MSX を利用してでした。
MSX2端末を使って、半角カタカナとASCIIキャラクターを使ったメールで
日本国内いやサーバ内ルールだけでのメールのやりとりでした。

1991年に NIFTY-Serve も利用するようになって、
WTERM + VZ Editor でメールも日常の道具になりました。

それが、インターネット接続が可能になって e-mail に代わり、
半角カタカナはご法度になりました。これが1996年1月。

思い出した InfoWeb と統合し@nifty となったんだ。
調べてみると1999年11月の事ですね。

@niftyのサイトを調べて見ると知らないサービスがいっぱい。
レンタルサーバの LaCoocan はとっても魅力的。
DNS の設定が自由にできるのであれば
すぐにでも使いたいサーバなのですが・・。

トヨタが通期の業績予想を赤字に下方修正。
これはショック。
前期2兆2703億円の営業利益を出した企業が
営業損益1500億円の赤字の見通しに。

これも
USD1.00=JPY93.00
EUR1.00=JPY123.00
での見通しなので、為替が円高に変動すれば
それこそ歯止めがかからない状況になってしまいます。

これは日本経済を動かす運転資金が消失したことになります。
利益部分はトヨタの運転資金として市場に流れるとともに
法人税部分は国庫に入り歳入として日本国の運転資金にも
なっているわけですから。

この先何が起こってもおかしくない状況になってきましたね。
お金、人、時間が見えなくなってきました。

後は知恵の勝負かな。

携帯をauに替えて一番驚いていることは
迷惑メールが一通も入らないこと。

Softbankの時は毎日3通は迷惑メールが入ってました。
これは料金システムの違いからでしょうね。

SoftbankはSoftbank端末同士でのSMSは無料なので
送信者は通信料を気にせずに迷惑メールを出せる。
auのCメールは発信者側に課金されるので
むやみに迷惑メールは発信できないということになりますから。

迷惑メールに怒る必要が無くなったのは精神上好ましいことです。

一方で解せない仕様は、SIM+端末でのロック機能。
これがau端末のシェアを落としている理由かもしれません。

使用中のau端末から他のau端末にSIMを差し替えた時に
そのままでは通話ができないというのは、どうもいただけません。

端末IDを利用した最近のネットワークサービスでの
セキュリティ対応や、ROM端末の防止等の理由もわかるのですが
利用者からすると解せない仕様では。

端末の値段が値上がりしているので旧端末のお下がり利用を
考えている人には厳しい仕様です。

まあ、約款に端末のお下がり利用自体が禁じられているかもしれませんが。

私などは家族のお下がり端末で十分なので残念です。

sekine.com が誕生して10年が経ちました。

sekine.com の誕生は 1998年12月20日までさかのぼります。
1999年の年賀状を電子メールでsekine.comのドメイン名で
出したかったのが事の始まりです。

当時はドメイン取得の方法が分からず四苦八苦しました。
取得方法を調べるのに半年位かかったように記憶しております。
それから10年が経ちました。

sekine.com のウェブサイトは相も変わらず貧弱なままですが、
ウェブの仕組みを理解するには非常に役に立ちました。

メールは非常に役に立っております。
独自ドメインを持つことの最大のメリットですね。

さてさて、今年も年賀メールの季節が近づいてきました。
初心に戻って自分のドメインを大切にしないといけないな。

Ajax

| コメント(0) | トラックバック(0)

お仕事でAjaxで書いたサンプルプログラムを
動かしている所を見ました。
一枚のHTMLで書かれたページの中で、
入力したデータに連動して画面の中の
データが書き換えられていく。
これは面白い。
自分のサイトでも使ってみたい技術ですね。

さてと Ajax とは
Asynchronous JAavascript + Xml
対話型Webアプリケーションの実装形態で、
Webページをリロードせずに、サーバとXML形式で
データ交信ができるのが特徴。

調べてみるとGoogle マップやGmail、Google Calendarは
Ajaxを採用しているらしい。
Googleの各サービスでページ内でデータの書き換えが
行われるのが不思議でしたが、合点がいきました。

仕組みだけでももう少し勉強してみようかな。

判断と確率についてですが、
50:50 の場合が一番難しい。

宝くじの1等賞ように 0:100 に限り無く近い状況がわかっていても
買うか買わないかの判断には心が揺れるものです。

パチンコの勝率は1:99 位なのでしょうか?
損して当たり前の気分で楽しむのがパチンコ道なのでしょう。

難しいのは、「株式」「外貨」等の金融商品。
これは 50:50 の世界。

儲かるはずだからという考えで投資する人と
損をするかもしれないという考えで投資しない人とに分かれます。

損をするかも知れないと考える人が多数派なのでは。
儲かるはずだからと考える人が少数派なので
思い通りの結果になった時はハイリターンを得られることに。

さてさて、50:50の時の正しい判断はと考えると・・・・

個人が判断を下す時と、会社更に社会という組織が下す場合とで
基準が違うはずなのですが・・・・・。

判断を誤った例が私達の周囲には多すぎるのではないでしょうか。

auの携帯電話を使い始めてそろそろ一月になります。

一回目の請求書が届いて驚いたのは、

基本料金(980円)+EZ WEB(3150円) が11月から始まっていた
キャンペーンの割引(月額2,000円まで)適用で「0円」

通話料とパケット代金は無料通話料の
枠(1,000円)に収まっていたので「0円」

結局支払い対象は
ユニバーサルサービスの「6円」だけになります。

これが一年間適用されますので
基本料金+EZ WEB+通話料+パケット
+ユニバーサルサービス
で年間「72円」で使えてしまう計算になります。

電話機購入時の端末代も「0円」でしたので、
登録手数料2,835円(税込)を加えても
年間総費用2,907円(税込)で済んでしまう。

はは、
月額250円で携帯電話を使えてしまうことに
気がつきました。

ただし、一年過ぎると、月額1,201円になってしまいますが。

それでも安いですよね。

Google Chrome が製品版にバージョンアップしたようです。
今使用しているバージョンは 1.0.154.36 です。

MOVABLE TYPE は問題なく使えております。
動作はサクサク動いて軽快です。

表示は少し癖があるようです。
ブラウザのメニュー周りが簡素化されているので
そう感じるのかもしれません。

使い慣れれば使えるブラウザになりそうな予感がいたします。

私がこのブログを書き始めたのは
「ブログって何?」という疑問からでした。

MOVABLE TYPE って何だ?というのが次の疑問。
MTのシステムを見つけてきてサーバにセットして
何とか動くようになるまでがひと苦労でした。

記事の内容はともかく100記事近く書いてきて
多少ブログがわかったような気がします。

この間、色々なブログサービスも試用させていただき
操作し易さの違いなども分かってきました。
そのレポートは今後のコンテンツとして
ウェブサイトに掲載する予定です。

わかったことはブログはウェブサイトの作成に
非常に適した使い易いツールだということ。
これほどまでに広まった理由もわかりました。

次は自分がどのように活用するかですね。

日記「日常茶飯」で使用している WordPress を 2.7 にアップデートしました。

データが入っているコンテンツなのでちょっと不安はありましたので、
まずはWordPressの動作をテストしているサイト側で先にアップデート。
すんなりとアップデートできましたので、日記「日常茶飯」もアップデートすることに。

アップデートの目玉になる 2.7 のダッシュボードはいうと・・・

非常に洗練されました。
一画面に収められている情報の量が格段にアップされています。
メニューも階層が浅くなるように見直されていて使いやすくなっています。

これならば、アップデートした方がメリットがありそうですよ。

気になる、大きなバグさえなければですが。 

とんでもない事態。
私は予想もしてませんでした。

ビッグ3が大ピンチの状況であることは知らされていましたが、
トヨタが下期業績見通しを赤字に修正するとは・・・。

ホンダのF1撤退のニュースで日本の自動車メーカも
大打撃を受けているとは思ってましたが、
その時のトヨタはF1活動は継続するとのコメントだったので。

日本のトップ企業の屋台骨さえ揺さぶられる状況が実態なのです。
SONYの16,000人のリストラの話題も聞いたばかり。

景気の良い話は聞けませんね。

液晶業界も大型設備投資を重ねていますが、市場の冷え込みは
目に見えてます。

次は・・・・。
いくらでも想像できてしまうのが怖い。

今までは組織の強さを隠れ蓑で活きていけましたが、
これからは個人の能力が高くなければ生き残れない。

私は生き残ることができるのかな。

ドル安が続いている。
米国の経済情勢が余りに悪過ぎるから。
結果外国為替市場が円高に触れ、日本の経済も大打撃を。

88円台の声も聞きしばらくは90円を挟んだ状態が続きそうです。
お仕事の関係で外貨を扱っているので外貨レートは非常に気になります。

私の記憶では、平成7年4月に79円台がありますが、その時の
為替の動きと勢いが非常に似ております。
この勢いですと2009年3月に再び80円を割り込むことがあるかもしれません。

そのケースを想定し何をすべきか考える事が肝要です。

阪神大震災のあった直後、その頃の事を思い出すことが必要です。

WordPress 2.7がバージョンアップしました。
模様替えした新ダッシュボードに新しい機能が秘められているようです。

日本語化が遅れているようでまだ英語のままのメニューが点在するようです。
インストーラーも日本語版については自動化されてない様子。

新しい機能は使ってみたいですが、今使っている 2.6xをアップデートするのは
少々リスクが大きいようですので、テスト環境で様子を見ることにいたします。

MOVABLE TYPE も WordPress も早いテンポでアップデートが進んでます。
世界経済にかかった急ブレーキも、ブログの世界では影響が少ない様子。
これもネットに上がる広告が減りアフリエイトの収入が激減するとなると
様相が変わるかもしれない。

ネット広告界のバブル崩壊の日も近いのかもしれないな。

イントラネットの中に新しいシステムを構築することが難しい。
更にインターネット側からイントラネットの中のシステムを
覗く窓を開けるとなると大騒ぎとなる。

この解決はイントラネットの中をセグメント別に
「経理データ」「個人情報」「極秘情報」「営業情報」等に
細分化しまい別々のネットワークとするのが
後々一番対応し易い方法では。
ネットワークのインフラは共通で利用し、
情報の種類に合わせてネットワークを分離する。

この考え方っておかしいかな。

私の携帯電話はauです。
端末は東芝です。

この選択は
auまとめトークを使いたかったのと。
W61Tが無料で販売されていたからです。

買ってから気が付いたのは
ディスプレイが有機ELだったこと。

それと3Dメールでトウシバ犬が
アクションをすること。
メールが届く度にんまりしています。

マニュアルって・・・・。

マニュアルどおりに業務をこなす。
その方式が賞賛され、企業の基本方針となったケースは多い。
それで業務をマニュアル化する努力がなされてきた。
結果、業務知識はマニュアルから学べという考え方に陥る。

では、マニュアルに書いてない事態が発生した場合は・・・。

最近世間を騒がせていることはマニュアルに書いてないことばかり。
書いてあったとしてもマニュアルの筋書きどおりでは対応ができないケースばかり。
マニュアルを読むことで対応を誤ることも多いのでは。

誰もがその対応に頭をひねっております。

ならば、経験と勘、知識と知恵とを働かせて動くしかない。
マニュアルという羅針盤が無くても、
太陽の位置、星の位置で船を導くことは可能なのだから。

これからの一年でマニュアルが大きく書き換えられるのかも

新型フェアレディZと新型スカイラインが発売されましたね。

若き日の私にとってどちらも憧れのマシンでした。
そう車ではなくてマシンだったのです。

Z432、GT-R
ストレート6 DOHC のエンジンは究極の一品だった。

メカニカルに制御されるバルブの開閉は
機械設計者の憧れだったのです。

新型フェアレディZと新型スカイラインは
とても良くできたマシンだと思います。
乗り心地、居住性、安全性そして走行性能も。
車も時と共に成熟されてきた。
でも、いい車なのですが何故か胸がときめかない。

なら GT-R があるじゃないか。
GT-R はすでに羊の皮を被った狼ではなくなってしまった。

車を見る私の目が変わってしまったのも確かです。

いつの日かまた胸がときめく車って出てくるのでしょうか。

Movable Type Pro version 4.23-ja が登場してたのですね。

先日version 4.22-jaにアップしたばかりだったのですが、
4.23-jaにバージョンアップしてみました。

今回も上書きするだけですんなりとバージョンアップが完了しました。
どの部分が書き直されているのかは不明ですが、
バージョンナンバーから見る限りマイナーなチェンジのようで
バグフィックスが中心のバージョンアップのようです。
バージョンアップすることでユーザー側の安心感が多少でも増せば
効果はあることになりますしね。

HONDAがF1から撤退することが決定。
これは衝撃的な出来事。

本田宗一郎すなわちHONDAがHONDAであった証が
F1への挑戦であったと思っているからです。

私自身機械屋ですので、F1への思いは人一倍深いものがあります。
自分でF1マシンを設計しレースに挑戦することは
機械屋であれば一度は夢見ることだと思いますので。

しいては今の世界の経済状況の悪化がいかに深刻なのかを
改めて思い知らされる事件でもありました。

幸いのことにTOYOTAはレース活動を継続するらしい。

ただ、HONDAとTOYOTAでは
挑戦の意味が微妙に違うと感じてしまうのは
私の錯覚なのでしょうか。

VOX

| コメント(0) | トラックバック(0)

シックスアパートのブログサービスも試してみることに。
VOXです。

エンジンはMTベース。
ブログの記事を作成する時の感覚はMTそのものです。
コミュニケーションの機能がついてブログ同志の
ネットワークを強化しています。

うーん。
VOXのサービスの仕組みを既存のMTユーザーに開放して欲しい。
MTで書かれたブログを束ねてグループ化する外部サービスです。

VOXが発展していって外部のMTを取り込むようになるのかも。

ノートン アンチウイルスに ゲーム エディションが出ました。

ゲームモードで警告や通知を一時停止し、
ゲームの中断を回避する。
コンピュータが全画面表示のときに自動的に有効。

ゲームユーザには不可欠な機能です。
マカフィーのトータルプロテクションでは数年前から
サポートしていた機能だったのですが。

私はオンラインゲームも楽しみますので、
やっと安心して使える状況になります。

より速く、より軽くもゲームユーザにとっては必要な要件。

少数派のユーザの要望に合わせたソフトウェアの登場。
これは喜ばしい限りです。

SEKINE COMMUNITY のコンテンツを準備するために
いくつかのブログを試用しています。

@niftyのブログサービス「ココログ」は操作感、動作の様子が
MTに似ていると感じていましたが、シックスアパートが
構築したサービスだったようです。

ブログを再構築する間の時間はかかる分、
ブログを表示する時のスピードは速い。

ブログの作者からすると、もたつく感じはしますが
読者への負担は少ない。

MTの良さを知ってもらうにはココログは最適かもしれません。

このブログのエンジンとして使用させていただいている Movable Type を
version 4.21-ja から Movable Type Pro version 4.22-ja にアップしました。

多少不安でしたが上書きですんなりとアップデートできました。

version 4.21-ja の時はテンプレートの書き換えの時に
エラーが出ていたのですが、
アップデートの結果エラーが出なくなりました。
これだけでもアップデートして良かったです。

インストール/アップデートが容易なのは Movable Type の長所だと思います。