パナソニック

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日はパナソニックのニュースが飛び交った。

2009年3月度の営業損益は下方修正したが、黒字は確保。
大手家電メーカー総崩れの中で、孤軍奮闘できるのは
老舗の基礎体力と堅実な経営計画によるのかも。

それでも、1万5千人の削減と27拠点の閉鎖を発表してます。
人員削減をベースとした費用削減の基で、なんとか営業利益を
確保したということなのでしょう。

製造業の場合、人を失うということは、生産力を失うということ
ですので企業としては最悪の選択なのですが、多くの企業は
人を手放してしまった。

何か安直過ぎる決断のような。

汗を流して働く人があってこそ、企業活動が成り立つのでは。
汗を流さない企業は・・・自然淘汰されるでことしょう。

現時点はまだ、他の選択もあると思うのですが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.sekine.com/mt/mt-tb.cgi/154

コメントする

最近のブログ記事

リセット現象
この半年の経済の動きを見ていて感じるのは…
三度、トヨタ 
トヨタの2009年3月度の営業損益の見通…
ホンダ「インサイト」
ホンダの新型ハイブリッド車「インサイト」…