シャープ

| コメント(0) | トラックバック(0)

シャープの2009年3月期連結決算の営業損益が
100億を越える赤字予想の見通しと発表された。

シャープだけでも黒字決算となって欲しかったのですが
世界経済の荒波はすべてを飲み込む勢いです。

世界的に物が売れない時代に突入。
家から始まり、車、家電製品、衣類、
これらは贅沢品とも言える物ですから動きは止まるでしょう。
次は衣食住の「食」に大きな影響が及ぶはず。
その次は「医」かも。
そして「情報」と「エネルギー」

シャープの目は液晶パネルから太陽光エネルギーに向いていた。
これは正しい選択だと思えます。

大画面液晶パネルは贅沢品ですが
太陽光発電パネルは必需品ですから。

これからの時代のヒット商品になるはずです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.sekine.com/mt/mt-tb.cgi/153

コメントする

最近のブログ記事

リセット現象
この半年の経済の動きを見ていて感じるのは…
三度、トヨタ 
トヨタの2009年3月度の営業損益の見通…
ホンダ「インサイト」
ホンダの新型ハイブリッド車「インサイト」…