トヨタの話題から思ったこと

| コメント(0) | トラックバック(0)

トヨタは、2~4月の国内の生産台数を
前年同期比4~5割減にする事を発表したようだ。
新車の販売が世界的に不振であることが原因とはいえ、
そこまで影響が大きいのかとつくづく考えさせられる。
トヨタの業績はどうなるのか・・・。
誰も予想できない状況になってしまったようだ。

そして、09年用新型F1車「TF109」の発表もありました。

 パナソニック・トヨタ・レーシング 2009年向け新型車
     "TF109"をインターネット上で発表

そう、発表会を開かずにインターネットで発表されたのです。
F1 レギュレーションの変更に伴う年間費用制限にもよりますが
業績悪化による、経費節減のためと考えるのが自然かもしれません。

これを見て、ふと思い付いついたことは、これからの発表会は
インターネットだけで済ませる事がこれからのトレンドに
なるかもしれないということ。

100年に一度の不況であれば、今までのビジネスのやり方が淘汰され
新しいアプローチの仕方が誕生してくるのだろう。

発表会会場に足を運ばせるためのインターネットの利用から
会場を必要としないインターネットでの発表会の提供。
ウェブ業界の新しい商品の姿が垣間見えしたようです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.sekine.com/mt/mt-tb.cgi/136

コメントする

最近のブログ記事

リセット現象
この半年の経済の動きを見ていて感じるのは…
三度、トヨタ 
トヨタの2009年3月度の営業損益の見通…
ホンダ「インサイト」
ホンダの新型ハイブリッド車「インサイト」…