経営戦略

| コメント(0) | トラックバック(0)

今回の各企業の業績が悪い方向に急転回した背景には
経営戦略の誤りが挙げられるであろう。

一番は
設備投資のタイミング。

将来の消費を見込んでの設備投資が大きい企業ほど被害大きい。
また、世界中の大企業が市場が拡大すると思い込んでいた。

では、何で市場の規模の判断を読み違えたのか。

「忙しさ」「品薄」という二つの要素が大きかったのでは、
自分が「忙しいと感じる」「欲しい物が手に入りにくいと感じる」
この不自由さが、市場が拡大しているという錯覚を生み出したのでは。

「忙しいと感じる」「欲しい物が手に入りにくいと感じる」は
合理化の成果であり、市場の拡大とはリンクせずに生じるもの

そこを読み違て大きな経営判断のミスにつながったのでは

市場動向を正しく掴んだ企業だけが生き残れることでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.sekine.com/mt/mt-tb.cgi/111

コメントする

最近のブログ記事

リセット現象
この半年の経済の動きを見ていて感じるのは…
三度、トヨタ 
トヨタの2009年3月度の営業損益の見通…
ホンダ「インサイト」
ホンダの新型ハイブリッド車「インサイト」…